Lesser Pad Ver.0.51 小さめの画面を持つ機種向けの機能

2014年1月13日、Lesser Pad Ver.0.51 をリリースしました。小さい変更ですが、編集画面でアクションバーを折り返さない様にする設定ができる様にしました。

アクションバーは Android 3.0 から標準になったインターフェイスで、通常はアプリケーションの画面の上端に位置しています。4.0 以降では、画面の横幅がある程度よりも狭い場合に、これを折り返して下端に続きを表示することができます。折り返すかどうかはアプリ内部から指定します。Lesser Pad でもこの機能を使っています。

アクションバーはメニューの項目をツールバーの様に画面上に置けるので便利ですが、Android 2.3 系までの標準的インターフェイスに比べて、画面の縦幅を必要とします。折り返した場合は特にそうです。

従来の Lesser Pad を、Xperia mini や freetel FT132A の様な、Android 4.0 以降かつ画面の縦幅が特に長くはない機種で実行し、テキストファイルを開いた場合、ソフトキーボードが表示され、さらに変換候補が並ぶと、編集領域は非常に狭くなってしまいました。
アクションバーが下にも付くと、小さめの画面は圧迫されます。

Ver.0.51 で追加した「エディタでアクションバーを折り返さない」設定を有効にすると、アクションバーが上にだけ表示されます。これで、アクションバー一本分は編集領域を広く使える様になりました。
アクションバーを上だけにすると、小さめの画面でも少し広々とします。

ウェブ翻訳つなぎ(Web Translation Bridge)

ウェブ翻訳つなぎは、ウェブブラウザで開いたページの URL を Yahoo! Japan のウェブ翻訳サービスへ渡すアプリです。日本語と英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語との間でのウェブページの翻訳を手助けします。

実行要件

Android 1.6 またはそれ以降。

ダウンロード

Google Play または Personal Forge

使い方

ウェブブラウザから[共有](または[ページを共有]など)を実行し、表示されるアプリ一覧から[ウェブ翻訳つなぎ]を選択します。ウェブ翻訳つなぎの画面では、原語と訳語を選択し、[OK]を押すと、ウェブブラウザで翻訳後のページを開きます。

または、ホーム画面などからウェブ翻訳つなぎを直接起動して URL を入力することもできます。

許諾条件

このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはこれを、フリーソフトウェア財団によって発行された GNU 一般公衆利用許諾書(バージョン3か、それ以降のバージョンのうちどれか)が定める条件の下で再頒布または改変することができます。

このプログラムは有用であることを願って頒布されますが、全くの無保証です。商業可能性の保証や特定目的への適合性は、言外に示されたものも含め、全く存在しません。詳しくは GNU 一般公衆利用許諾書をご覧ください。