Lesser Pad Ver.0.51 小さめの画面を持つ機種向けの機能

2014年1月13日、Lesser Pad Ver.0.51 をリリースしました。小さい変更ですが、編集画面でアクションバーを折り返さない様にする設定ができる様にしました。

アクションバーは Android 3.0 から標準になったインターフェイスで、通常はアプリケーションの画面の上端に位置しています。4.0 以降では、画面の横幅がある程度よりも狭い場合に、これを折り返して下端に続きを表示することができます。折り返すかどうかはアプリ内部から指定します。Lesser Pad でもこの機能を使っています。

アクションバーはメニューの項目をツールバーの様に画面上に置けるので便利ですが、Android 2.3 系までの標準的インターフェイスに比べて、画面の縦幅を必要とします。折り返した場合は特にそうです。

従来の Lesser Pad を、Xperia mini や freetel FT132A の様な、Android 4.0 以降かつ画面の縦幅が特に長くはない機種で実行し、テキストファイルを開いた場合、ソフトキーボードが表示され、さらに変換候補が並ぶと、編集領域は非常に狭くなってしまいました。
アクションバーが下にも付くと、小さめの画面は圧迫されます。

Ver.0.51 で追加した「エディタでアクションバーを折り返さない」設定を有効にすると、アクションバーが上にだけ表示されます。これで、アクションバー一本分は編集領域を広く使える様になりました。
アクションバーを上だけにすると、小さめの画面でも少し広々とします。

Lesser Pad Ver.0.51 小さめの画面を持つ機種向けの機能” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です